英語について思うdiary

英語をもっと楽しく話せるための豆知識

聖火ランナー

聖火を受け継ぐ人をオリンピックがもうすぐそこ

多くの人が観ること、応援すること、お手伝いすること、実際に参加する事を楽しみにしていると思います。

 

聖火が今月9日に東京に入り、現在は島を渡っているようですね。

 聖火ランナーと言っていますよね、これを聞いて???となるのはきっと私だけです(ここまできたら、もう自覚します)

 

走者という日本語にランナーというカタカナを使うことは、もうあまりに馴染みすぎて当たり前に使われていますが......

 

まず英語ではTorchbearer なのでそもそも走者ではないらしい。

(ほっ、そもそも走るん苦手やし.....)

 

もう一つ残念なのはランナーの音が英語のRunnerの音とかなり離れてしまっていること。

 

Runner は私個人的に無理矢理カタカナを当てるとゥラナーでしょうか、でもぴったりのカナはありません。少なくともは全く要らないです。

 

ぜひ英語で使うならを抜いて、を引き寄せて!!!

 

Torchbearer の皆さん、暑い中、しかも沿道の応援が少ない中、本当にご苦労さんです。

 

私ほんま、走るん遅いねん^^;関係ないけど