英語について思うdiary

英語をもっと楽しく話せるための豆知識

シャーペン

シャーペン、つまりシャープペンシル

 

シャーペンは学生の頃にはどれだけお世話になったかわかりません。(全然勉強してへんのに何でシャーペンだけは持ってたんやろ??………)

今でも3〜4本持ってますし、その半分はボールペン一体型です。

 

もともとイギリス発祥だそうですが、アメリカで商品化されEverSharp(常に鋭い)と言う名前だったとか。

 

日本でなぜシャープペンシルとなったのかは、このアメリカの話とは別のようです。

 

家電メーカーのシャープの創業者である早川さんが早川式繰出鉛筆という物を作り、のちに社名のシャープを取り入れてシャープペンシル、つまりシャーペンになったんですって。

 

という訳で、またまたこれも日本語なんですよね。

 

へーそうなんや。

 

はい、ぜひとも英語では間違えずにmechanical pencil (メカニカルペンソゥ)と言ってくださいね。

注:(      ) ないカタカナは実際の英語の発音と同じではありません。

 

ただし、海外の多くの国では早い段階から鉛筆やシャーペンと消しゴム、ではなくボールペンで授業を受けるようで日本ほどシャーペンが使われていないとか。

 

まあ、現在ではそれを超えてタブレットやPCかもしれませんね。

 

でも、SHARPさん、ありがとうございます。