英語について思うdiary

英語をもっと楽しく話せるための豆知識

エイ!!

普段日本語の中で使ってるカタカナ言葉を英語でも使おうとして

なかなか通じないってことありませんか?

 

ネイティブな発音を身につけたいなら【ハツオン】


一つの原因として日本語の「」があるんじゃないかと思います。

 

」って何? ですよね! 音をそのままのばすです。

まずは準備体操から、「エイ、エイ、エイ.......」と練習して


sale セールをセイルって言ってみてください。以下同様

mail メール → メイル 

cake ケーキ → ケイ

baseball ベースボール → ベイスボール

Asia ジア → エイジア

name ネーム → ネイ

race レース → ゥレイ

rail レール → ゥレイ

これはではありませんが、同じようにエイが重要

lady ディー → レイディー

baby ビー → ベイビー

etc........

 注:カタカナの音は英語の音と同じではありません。近い音と思う字を当てています。

 

エー って伸ばすところを思い切ってエイ!と発音してみてください。きっと通じますよ、ちょっとだけネイティヴっぽくなるのでやる気が出るし、英語を話したい気持になるんです、私。

 

頑張って

毎日テレビの目で応援をする日々です。

昨日でオリンピックが終わり、

甲子園で高校野球がはじまります。

そうしてるうちにパラリンピックも…………

応援の楽しみとハラハラドキドキは続きます。

 

よく使われる応援に「ファイト!!」がりますが、カタカナですが、英語で話す時このままでは残念ながら「頑張って」になりません。

 

頑張っている人がちょっと失敗すると、「ドンマイ!」と言って励ましますね、これもカタカナですが、このままでは英語では「気にしないで」にはなりません。

 

通じないだけで無く誤解を招く恐れがあります。

 

「ほな、どう言って応援したらえーねん!?」って聞こえてきました。

 

ファイトって応援したい時

Go for it !!

Hang in there !!

これから本番の人に向けて

Good Luck !!

Break a leg !! など

 

ドンマイ と言いたい時

No worries.

Don't worry.

(It’s )no big deal.

 

それでは、タイミングよくこんな言葉を使って応援できますように

Keep it up !! 頑張れ!!

 

英語だから大丈夫

今回初めてオリンピック種目になったスポーツクライミング、Sport Climbing 

 

興味を持ったのは、試合前にさまざまな国の選手が揃って、立ちはだかる凸凹の壁の前で互いに意見交換しながら作戦を立てていること。

 

しかも和やかに、仲良さそうに。

 

試合後にアナウンサーが

「色んな国の言葉では、会話ができない選手もいるんじゃないですか?」

 

日本選手の二人は

「みんな英語で話しますから大丈夫です。」

 

そうなんです、英語だから大丈夫です。

 

マラソン

毎日暑い中選手たちは全力で試合や演技に向かっていて、感動(*^ω^*)を与えてくれます。

多くの皆さんから、「そうそう!」「ほんま感動やわぁ」と聞こえてきそうです。

 

大会の最後にはマラソンがありますよね、とても楽しみしているのですが、数日前、

マラソンスイミング Marathon Swimming という競技を耳にしました。観てみると海での遠泳でした。

 

マラソン、つまりMarathonマラトン(マラソン)からアテナイ(アテネ)まで走り抜いた兵士の功績から始まった競技。

 

走るだけでなく泳ぐ競技にもMarathon という地名が使われているんだなぁ、と気付きました。

 

今やその意味は広く、長距離を泳ぐ、長期間かかる作業をやりぬく、いえいえまだまだありそうですね。言葉は進化するんですね。

 

英語の練習もMarathon やわぁ...... そうだ給水🍵は大事

綴りもさまざま

先日、単語テストって何だろう??と思い、

茄子には aubergine やeggplant があり、

かぼちゃは squash やpumpkin があると書かせていただきました。

 

実は綴り、つまりspelling もひとつじゃない言葉ってあります。

例えば

center , centre どちらも中央、中枢、センター、総合施設 etc...

favor,  favour  どちらも好み、お気に入り、お願い、人気、賛成 etc...

tyre,  tire  どちらも車や自転車もタイヤ 車輪 etc...

 

安心して下さい。tyre でも tire でも4本あれば車は走りますから(笑)

痛!!

毎日、誰に向かってでもなく、無意識に言ってしまう言葉、

色々あります。

 

それを英語でどう言うんだろうと思って、英米のドラマを見ていると……

有りました有りました。

 

Ouch !!  (アウチ)

痛ぃ!! しまった など

つまづいたり、料理中に指を切ってしまったり

 

Oops ! (ウゥップス)

 おおっと、あらら、あっ、やばぁ など

ギリギリ大丈夫だけど失敗しかけたり 驚いたり


Damn it !! ( Dammit )  (ダァミットゥ)

何でこうなんるんや、くそー、やってられへん、など

やってることが上手くいかなかったり、使ってるものが急に壊れたり、仕事がはかどらなかったり

 

Wow ! (ワオ)

わー!、すごい!、やった!など

嬉しい時、驚いた時

 

注:(  )内のカタカナは実際の音ではありません。同じ音はないので近いと思うカタカナを当てているだ

  けです。

 

どれもほとんど独り言ですが、日常的に使ってませんか?

 

ネイティブな発音を身につけたいなら【ハツオン】

 

実は家でけっこう独り言でこのような言葉を発して、海外ドラマの中にいるつもりになってます。

 

英語の上達方の一つ、”俳優になりきる”

誰も見たり聞いたりしてませんから(笑)

 

それが、仕事中同僚の前でとっさに出てしまうことが………

Ouch!!

まあ、いいかぁ Never mind.

 

 

言葉さまざま

言葉はさまざま、一つのものに対していろんな言い方があります。

 

仕事場で同僚とすき焼きに何を入れるかって話していると

しらたき、というっ表現に新鮮さを感じました。

 

しらたきとは何なのかは知っていても、普段自分では糸こんにゃく、略して糸コンとしか言ったことがないからです。

 

英語でも結構あるんですよね、こんなこと

かぼちゃ pumpkin の方が知られているようですが、squash という人も多くいますし、(日本のカボチャを見て多くのネイティヴの方々は squash というでしょう)

茄子 aubergine と言う人もいれば、eggplant と言ったり

フライドポテトを chips と言う人もいれば French fries と言ったり

 

昔よくありました。単語テストで解答欄が一つの言葉分しかないってこと。

 

今度の単語テストで、かぼちゃ ってのがあればいつもpumpkin って書いてる人は squashって書いてみませんか?

 

そうそう、すき焼きですが

菊菜は絶対入れます!

えー! 菊菜は入れないけど春菊は入れるって?? 

 

 

社内公用語英語化はあなたの会社にも?女性限定・初心者専門の英会話スクール

 

 

ウインナー食べられへん

 家でビールとカリッと焼いたウインナーをおともに

オリンピックをテレビ観戦って方も多いと思います。

 

ウインナー、あまりにも浸透しているカタカナ言葉

残念ながらこれでは食べられません。

 

ウインナーだと食べられへんって!?どうしたら食べられるねん??

 

日本語で使われる時はまあったく問題ありません。

元々ウインナーだけだとウイーンの、とかウイーン風のっていう意味でこれだけでは食べることができません。

 

長崎の って言われても長崎ちゃんぽんなのか長崎カステラなのか、もしかしたら長崎観光かもしれませんよね。

 

英語では sausage (ソーセージ)です。

ちなみにウイーンでは Wurst (ヴルスト)またはWürstchen (ヴルシェン)といいます。

 注(  )カタカナの発音は実際とは異なります。近い音を当てています。

 

ドイツにはウイーン風の、オーストリアにはフランクフルト風のソーセージが存在し

あべこべのソーセージ名がついています。

 

さぁ、それではウインナーを、いえいえsausage(ソーセージ)をカリッと焼いてビールといっしょにいただきまーす。

 

社内公用語英語化はあなたの会社にも?女性限定・初心者専門の英会話スクール

ベビーカー

ベビーカーには免許が要ります!?

「えー??そんなアホな!」

ベビーカーというと赤ちゃんが座っていたり、寝ていたり、

そして大人が、時にはお兄ちゃんやお姉ちゃんが押して使う物。

外出の時には便利ですよね。

 

baby carをこのまま英語で使うと小型自動車と取られてしまうかもしれません。そうなんです、自動車ですから免許が必要な乗り物になってしまいます。もちろん話の前後でわかりますけど。

 

ただ、小型自動車ってことになるとconpact car や small car の方が一般的ですけど

 

英語を話す時はstrollerが一番一般的 pram, pushcar なども聞きます。

折りたたみの簡易なものはよくbuggy と言われています。

 

心配ありません。

上記のものはある免許なしで使えます(笑)

 

 

クレームしなきゃ

クレーム、私たちもっとしていいんじゃない

 

クレームとか、クレーマーとか、よく聞きますよね。文句言うとか いちゃもんつける、苦情ばかり言う人、という意味でだけ使われてるけど英語ではちょっと違うぅ....ってよく思います。

 

英語のclaimとは文句ではなく、何かをはっきりいう、とか主張する、という日本語が一番近いのではないでしょうか。

 

例えば、

He claimed he lived a big house.

彼は大きな家に住んでいると言ってました。

This lotion claims it can make your skin smooth.

この化粧水は肌をすべすべにしてくれるようだ。

 

じゃあ、文句言いたい時はどうしたらいいねん??

 

make a complaint (grumble) about...

complain that.......

 

The hotel has received many complaints about unkind reseptionists.

そのホテルは受付の応対が不親切という苦情が来ている。

No students in this school complain their school lunch as its so good!!

この学校の給食に誰も不満を言わない、だってとても美味しいから。

 

ということなので、complain はあまりしたくないですが、言いたいことは claim

しなきゃ!! 

 

時は金なり

「時は金なり」

これは基本中の基本、時間を大切にし、約束を守って相手を待たせない。それが信用の元、そこに仕事が舞い込んでくる、そして次に繋がって...

ずっと信じています。

 

もう10年くらい前のことですが、カナダのある町で、民宿に泊まっている時にリビングでモロッコからの旅人に話しかけられました。

 

民宿つまりB&Bでは共用部分の食堂や居間で泊り客同士で雑談を楽しみます。私もこれが大好き!

 

「僕は自国で観光ガイドをしてるねん、いつも不思議に思うねんけど、なんで日本の人たちは時間前にはぴったり集合、時間通りに出発するって決めつけるん?なんでキッチリじゃないと不機嫌なん?」

と。

 

その後も話を聞いていると、こんな感じです。

どうも彼の言う10時とは10:00〜10:59、確かにここまで10時台。人によってはもっと長く11:30ごろまでかも。

私の思う10時9:58〜10:03、まあこんな違いでしょうか。

 

その日は近くの滝で夜9:00からライトアップがあると。子どもたちと一緒に時間前に滝に着き、時間を待ちました。

 

9:00近くなり今か今かとワクワクしてきたんですが、待てど暮らせど灯がつきません。「日を間違えたんかな」と思い、宿に帰りかけた時、はっきりとは覚えてませんが9:20ごろだったでしょうか。滝の端から端までいっせいに美しく光り輝きました。

 

一歩日本を出ると、これを9:00というのかぁ、と.....しみじみ

滝の美しさは今でも忘れられません。

 

でも「時は金なり」やっぱ基本やわ。

ベテラン?

「お料理めちゃ上手いやん、もうベテランの域やわ」

ベテランママに反抗期の子のことで相談やねんけど」

 

歳を重ねるとよくベテランという(たぶん)褒め言葉をいただきます。言われて悪い気はしませんし、「ありがとう回数重ねてるだけやん」「そうかな、年の功やわ」など返答しますが、

 

心の中では

「私、軍経験ないねんけど、兵役もない国やし....」って渦巻いています。

 

日本語のベテランは熟練者、経験豊富な、っていろんな分野に使いますよね。

 

英語でそのままveteranを使うと退役軍人ととられてしまいますので御用心。

例 Ken's father is a veteran of the Vietnam War. 

     (ケンちゃんのお父ちゃんってベトナム戦争の従軍兵やってんね)

 

ここまでくるとカタカナが怖くなりませんか?私はめちゃ怖いので2〜3年前から書き出すようになったんです。

 

じゃあ、何かが上手な人やその道に明るい人をどう表したらええの?

 

①expert

He is an expert teachier. ベテラン教師

She is an expert in baking. パン作りのベテラン

②experienced 

My Grandpa is experienced doctor. ベテランの医者

My Grandma is experienced in dressing Kimono. 着付けのベテラン

③skilled

She is skilled at dealing with customers. 接客のベテラン

He is a skilled carpenter. ベテラン大工さん

 

私はベテランママと言われることもありますが、I'm not a veteran

口閉じ気味に

英語のBirthday Girl などはカタカナですでに日本語化されてしまってます。

残念!

だってカタカナと全く違く音ですから

 

そこでよく聞かれるんですが、

「ほんなら、どないしたら英語の音に近づけるねん!!」と

 

カタカナに親しんでこられた方々に練習をお勧めしてるのは

口閉じ気味に、と

 

birthday バースデー

girl ガー

bird バー

earth アー

heard ハー

hurt ハー

early アーリー

などなど,けっこうたくさんあります。

 

アーと伸ばす音、この色の部分を思い切ってほぼほぼ口を閉じる(目安は最大3ミリ開けて息だけギリギリ出る程度

 

ちょっと練習して見てください。鏡を見ながらね

慣れると結構良い感じの音になってきますよ。

 

誕生日会の歌が上手くなって注目を浴びるかも

Happy Birthday to You ♪ Happy Birthday to You ♫

 

聖火ランナー

聖火を受け継ぐ人をオリンピックがもうすぐそこ

多くの人が観ること、応援すること、お手伝いすること、実際に参加する事を楽しみにしていると思います。

 

聖火が今月9日に東京に入り、現在は島を渡っているようですね。

 聖火ランナーと言っていますよね、これを聞いて???となるのはきっと私だけです(ここまできたら、もう自覚します)

 

走者という日本語にランナーというカタカナを使うことは、もうあまりに馴染みすぎて当たり前に使われていますが......

 

まず英語ではTorchbearer なのでそもそも走者ではないらしい。

(ほっ、そもそも走るん苦手やし.....)

 

もう一つ残念なのはランナーの音が英語のRunnerの音とかなり離れてしまっていること。

 

Runner は私個人的に無理矢理カタカナを当てるとゥラナーでしょうか、でもぴったりのカナはありません。少なくともは全く要らないです。

 

ぜひ英語で使うならを抜いて、を引き寄せて!!!

 

Torchbearer の皆さん、暑い中、しかも沿道の応援が少ない中、本当にご苦労さんです。

 

私ほんま、走るん遅いねん^^;関係ないけど

「できる」って難しい

学校では何かが出来る、出来ない、は can, can't で表しましょう。

と習い、かなり長い間そのまま使っていました。

 

もちろん、ほとんどの場合これでいいのでしょう。でも実際はそうとは限らないってわかったことがあります。

 

あるアメリカ人が「日本人はcanが多すぎるcanではなくそのままの動詞でいいところにもcanが聞こえてくる」って言ってくれたことがきっかけに。

 

典型的な例として、「英語を話せますか?」

Can you speak English? これは相手に失礼になることもあるらしい。

Do you speak English? これなら大丈夫だと。

 

「昨日宿題できへんかった」

I didn't do my homework. であって I couldn't do my homework とは言わないと。

 

canの使い方ってこんなに難しかったっけ........

 

とりあえず私は出来るだけ長い間

Do you speak English? と聞かれ

"I do" と笑顔で答えられる日が続くように毎日ちりつもで練習しよっと。